恐るべき陰謀

これはお迎えの日、にぃにとねぇねが来る前の、まだお店にいた時のぼくちです。

二人の仕掛けた策略に、ぼくちはまんまとはまってしまったのです。

てんちょーさん「ティダ、にぃにとねぇねはティダと一緒にお散歩したいんだって〜」

それはぼくちだってやぶさかじゃないよ?

てんちょーさん「だからね〜ハーネスつけてみて下さいって頼まれてるの」

えええええ〜〜ハーネスってそのひものこと〜〜???



何これ何これ〜〜??ぼくちこんなのつけなくてもお散歩できるよ〜



ええい!はずしてやる〜こんなのぼくちに似合わないよ〜!うぎ〜

てんちょーさん「ダメか…じゃティダこっちはどうかな〜?」



ふが〜!!!ぼくち王子様なのに、なんかお弁当屋さんのバイトみたくなってる〜!



いらっしゃいませ〜ご注文お伺いします〜

てんちょーさん「ティダ…それはエプロンじゃなくてフライトスーツっていうのよ」

ううう…これつけたら飛べるっていうわけでもないのに〜?

大人ってうそつきだーー!



っていうか、ぼくちが店員やったら行列ができると思わない?そのお店。

あっというまに看板王子だよ。えへ。

それにしてもにぃにとねぇねはいろんなこと企んでるなぁ…

でもぼくち負けないからね!

ハーネス反対!

エプロン(じゃないけど)反対!

ひっくり返りもやだもんねーだ。

写真提供こんぱまる上野店さま(ありがとうございました)

「恐るべき陰謀」への3件のフィードバック

  1. ちえぶうさん
    落ち着いて見えますか??
    ぼくちあの時はもうバックバクに緊張してたんだよ。
    もうまっぴらだ〜って思ったんだけど…
    でもカイ先輩も最初はそうだったんなら、ぼくちにもいつかできるようになるかなあ…
    いいことがいっぱいあるなら、考えてもいいかなあ…
    お弁当屋さんのバイトもね☆
    masugiさん
    はじめまして、ようこそです。
    バイトエプロンやっぱ似合いますよね?
    本気で考えようかな、お弁当屋さん…

コメントを残す